【FX】市場の売買をトレードに活用

FXは10人に同じ手法を教えても10人がそれぞれ違うトレードすると言われるように人それぞれの解釈によるところがかなり大きいです。

もちろん個性はあってもいいと思いますが相場の世界では市場の平均に近づけていかなければトレードで勝てません。

この市場の平均に合わせるために必要な考え方のお話になります。

何処で売り買いするのか

今回のお話の概要から人の売り買いを考えるというのは具体的にチャートを見るときに人がどこで売り買いするかを考えようということです。

何故これが必要かというとFXは売りと買いの多い方でエントリーできれば利益が出るからです。

値動きというのは人の理解によって作られていて決してで機械がランダムでチャート上に表しているみたいなものではありません。

ダウ理論のような法則も大きなまでを見て初動で買う人途中で買う人最後の最後に後のにする人みたいな感じでダウ理論と認識した人がいてこの人たちがダウ理論に沿って買うことで上昇しダウ理論が訂正されていきます。

上昇トレンドやレンジ相場チャートパターンなんかの全て根本は同じです。

改めて聞くとそんなの知ってるよって感じですがデモトレードのときにこれを意識できている人って意外と少ないんです。

例えばテクニカル分析は本来過去の相場でのふとの売り買いの並行導き出すのが目的ですがチャート上のローソク足とインジケーターや line などの関係という目に見える部分だけを認識してしまう人が多いです。

この結果表面上の形としては手法に従っているけど音質的には全然違うことしてるといったことが起きてしまうのです。

教えられた通りにトレードしても勝てない理由はこれが原因ということです。

インジケーターやチャートパターンなどあらゆる項目を材料に上下を考えるのではなくこれらを見た市場参加者がどのように判断するのかをワンクッション入れて考えるだけでも本質的な分析に近づけるのでぜひ今日から意識してみてください。

では続きましてもう少し実践的な話に落とし込んで解説していきます。

シンプルな方法

実際の相場で人の売り買いを考える一番シンプルな方法にラインやインジケーターを軸に考えるというのがあります。

相場で画角が跳ね返っているところ結んだラインや移動平均線を活用して人の目につきやすい抵抗体を見つけていきます。

これだけでも次はどこで売り買いを考えられやすいだという目安をつけられます。

とはいえこれはあくまで仮説であり本当にこの抵抗体で売り買いが行われるかなんてもは誰にもわかりません。

line理由付けをしてどれだけでもチャートに行くことができちゃいます。
これをすべて追いかけていてはとても資金の体力も持ちませんからねよくわからない抵抗体はあまり気にせず一番わかりやすい注文の集まりそうな場所までのんびりトレードすることをお勧めします。

結果的にこのトレードが相場状況に沿った適切な場所でのトレードでありFXで大事なもっとの確率の高いところに伝染するということにつながっていきます。

また注意点として大きい時間足の抵抗体は頭に入れておきましょう。

相場では基本的に大きな時間足の方が強いので例えば5分足で売りが集まりそうなポイントを見つけられたとしても目の前に1時間足で買いが集まりそうなポイントがあれば簡単に突破されちゃいますからねそのためにも何処から何処まで狙うのかという入口だけではなく出口も考えた上でトレードしていくと良いでしょう。

もう一つの実践的なお話に実際にエントリーするタイミングがあります。
先ほどはこの辺りから入ろうという目安でありこっちは実際に注文をクリックするタイミングのお話になります。

ロスカットされてから上昇していったなんて話はよく聞きます。

大まかな見立てだけでなく実際のタイミングも非常に有用ですとはいえ日本はエントリーポイントと同じで人が売り買いするきっかけになるものを基準にしていくだけです。

この時有効なのがチャートパターンです。

大事なのは人の理解を考えることなのでダブルボトムだからエントリーするのではなくダブルボトムを認識した人がどこでエントリーするかを踏まえた上でエントリーすることです。

この判断の一つがネックライン抜けというものです。

相場が動き出す瞬間はそれまでも法則が崩れた瞬間とも言えます。

 

こうした人の売り買いが集まりやすい瞬間までじっくり待って実際に注文をクリックしてみましょう。

投資

Posted by ゆき