【FX】円高と円安の違い!

FX初新者の方に向けて投資にまつわる正しい情報を発信していきます。

今回はFX初心者は要チェック円高と円安の違いというテーマでお届けします。

よく聞く円高と円安って何?

「FXに関係あるの」こんなあなたは必見の内容です。

円高円安とは

円高円安というのは外国のお金に対して日本円がどれくらい価値があるのかを表す言葉でよく使われるのがアメリカのドルとの比較です。

 

円高

円高とはアメリカの1ドルに対して日本の通貨である円の価値が高くなることを言います。

それは同時に円に対してドルが安くなることでもあるので円高ドル安と呼ばれます。

逆に円安ドル高とは1ドルに対して円の価値が安くなることです。

例えばそれまで1ドル100円で買っていた商品を80円で買えるようになれば円の価値が上がったことになるので円高130円出さなければ買えなくなるようなら円の価値が下がったのでいい安となります。

もう少し具体的に考えてみましょうまず円高の場合です。

円高とは例えば1ドル200円だった為替相場が1ドル100円になることです。

1ドル分のものを買うのに200円払っていたところが100円で済むようになることで円の価値が高くなったということです。

一般的には輸出には不利で輸入には有利になります。

円高になると輸出品の外国だの価格が高くなるので国際競争力が低下し輸出が減少します。

円安

次に円安の場合です。

円安とは例えば1ドル100円だった為替相場が1ドル200円になることです。

1ドル分のものを買うのに100円で住んでいたのに200円払わなければならなくなることで円の価値が低くなったことになります。

輸入には不利で輸出には有利になります。

円安になると輸出品の外国だの価格が安くなるのでよく売れるようになります。

FXとの関係性

円高円安がFXとどのような関係があるのか。

では円高円安がFXにどのように関係しているのでしょうか。

FXは外国為替証拠金取引と言って通貨を他の国のお金に領外する時に発生する差額で利益を生み出します。

お金の場合両替えという言葉が使われますが実は物品の売買とやることは変わりません。

つまりFXはお金の売買をしているということです。

例えば1ドル100円の時に日本円を打って米ドルを100ドル分購入したとします。

購入金額は日本円で1万円です。

その状態から1ドル120円になったとしましょう。

この時点で100ドル分を売れば日本円が1万2000円になって手元に戻ってきます。

このようにFXでは通貨を凌駕するタイミングを見計らって取引をすることで利益を出すのです。

そのため円高円安について理解しておく必要があります。

それでは円安の場合はどうでしょうか。

円安の場合でも利益を出すことは可能です。

FXでは日本円を売って外国通貨を買う他に外国通貨を売って日本へ向かうという取引があります。

そのため先ほどの例と反対の行動をすれば利益を出すことができます。

例えば100円が$1.00で購入できる時に外国通貨を売って日本円を10,000円分購入したとします。

その後80円1ドルになったとしましょう。

この時点で1万円分を売れば外国通貨が125ドルになって手元に戻ってきます。

このようにFXで取引をする場合は円高でも円安でも利益を出すことができます。

円高と円安どちらがいいの選んだ方がいいのか私たちの生活に大きな影響を与えています。

そこで気になるのが円高と円安結局どっちがいいのという疑問です。

結論明確な答えはありません。

選んだか円安それぞれメリットデメリットが存在します。

どちらになっても国や企業がなるべく悪影響が出ないようにと努力をしています。

FXでは円高円安うまく利用することで利益を出すことができます。

どうですか選んだか円安について理解できたでしょうか。

FXはいろいろな要素が重なりあって利益が出ます専門知識を理解できればできるほど勝率は上がっていくでしょう。

しかし勝率を上げるためにはたくさんの経験と勉強する時間が必要になってきます。

初めは利益も出ない状態などに時間を無駄にはしたくないはずです。

まとめ

今日まとめますと円高はドルに対して日本円の価値が高い状態円安はドルに対して日本円の価値がやすい状態FXは円高でも円安でも利益を出すことができる。

ぜひ覚えておいてください。

FX手法

Posted by ゆき