【FX】FXのファンダメンタルズ

ファンダメンタルズ分析

政治経済地政学楽など為替相場に影響を及ぼす外的要因のことでこれらを用いて値動きを予想するものをファンダメンタルズ分析と言います。

今回はこの安打メンタルずの基本的なことからテクニカルトレーダー向けファンダメンタルズ分析方法まで解説していきます。

 

FXで売買通貨されるというものは各国の経済力や信用の高さを表しているものでもあります。

政治経済も安定している先進国の通貨は信用力もあり安定しているため取引量多く反対に発展途上国の通貨は政治経済が不安定なため取引量が少ないです。

ファンダメンタルズが相場に及ぼす影響の同じで大統領がアメリカナンバーワンて宣言するとかポジティブな材料があればその国の通貨は買われます。

経済の調子悪いネガティブな材料があれば通貨は売られます。

これがファンダメンタルズと為替の基本的な関係です。

お次はファンダメンタルズを用いたトレードのお話基本的にファンダメンタルずを根拠にトレードするのはかなり難易度が高いです。

世の中の景気を根拠に長期でポジションを保有するトレードは有効ではありますが価格に反映されるにはかなりの時間がかかるので長くポジションを有する必用があります。

長く保有するにはある程度の含み損にも耐える必要があるのでレバレッジを抑えるとかなり少額でのトレードになります。

レバレッジを抑えると損失も少ないですが利益も少なくなるので資金10万円とかで長期のポジションを持つのは何ヶ月もポジションを有した挙句利益は少ないというかなり効率が悪いトレードになります。

長期ポジションは何百億と資金をある大口向けのトレードなのです。

短期的なファンダメンタルズによる目動きを狙ったとしても価格を動かすような情報は証券会社や銀行がいちハウ悪増えた後に発表される情報でしかないのです。

価格に反映されちゃったり織り込まれていたりして素直に価格に現れないこともあります。

これに対してテクニカル分析は短期的な値動きの根拠になりますし資金に見合ったレバレッジをかけて短期的に利益を狙っていては情報戦に参加しなくとも大きな利益を狙うことができます。

こういった理由から個人トレーダーにはテクニカル分析派が多いのでしょう。

とはいえ個人トレーダーもファンダメンタルズテクニカル分析のプラスアルファとして使っていくことができます。

一つ目

1つ目は経済指標による急激な値動きでの損失回避です。
あらかじめ経済指標をチェックしておくと不運な負けトレードを回避できます。

二つ目

2つ目は為替相場の大きな流れを作るというものを今の為替相場が何をテーマにしながら動いているのかということを置きにしておくと相場の狂気の流れをつかみやすくなるのでトレードが有利になります

アベノミクスに乗っかって資金を大きく増やした経験があります。

テクニカルトレーダーでもテクニカル9割りファンダメンタル1割といった具合で常にファンダメンタルズも意識するといいでしょう。

三つ目

3つ目人の売り買いを意識するというもの少し上級者向けではありますがテクニカル分析で大事なのはチャート上のテクニカルを地上参加者が意識するから有効になるという点。

アベノミクスの時も市場が買い傾向にあると思い
積極的にトレードしたことが資金を大きく増やせた要因の一つですファンダメンタルズを基
に相場の思惑を花にすると今の相場状況市場はどのように判断するのかという一歩引いた視点で若干的にテクニカルを判断する。

ことができます人の売り買いを考えるということはトレードする上で非常に大事なので
こうしたクセをつけるためにもファンダメンタルズ分析今の相場のテーマというものを把握しておくといいです。

まとめ

最後にファンダメンタルズ分析実践編やることはシンプルにチャートとファンダメンタルつを照らし合わせながらななんでいくだけ急な値動きが起きればその要因となったファンダメンタルズを調べたり経済指標であればその結果や詳細を調べるといった感じです。

政治経済をゼロから弁当するのも悪くありませんが時間も労力もかかりますし実際トレードに生かせるかどうかは微妙なところです。
相場のことは相場に聞くのが一番です。

 

FX手法

Posted by ゆき